鋳造関連副資材

金型補修剤

金型隙間充填剤(バリ防止・止水)

クラックシーラーPA-300(中粘度)

  • 補修剤
  • 原液使用 中粘度ペースト状
  • 耐熱800℃・防水性・密着性良・危険物、毒劇物、PRTR非該当
金型隙間充填剤(バリ防止・止水) クラックシーラーPA-300(中粘度)

用途
金型合わせ面の隙間部分にシリコーン系離型剤を含んだ冷却水が浸入すると、製品に巣等の欠陥が出来易く、金型にもトラブルが発生して寿命も短くなってしまいます。

「クラックシーラーPA-300」は隙間に充填して加熱することにより硬化し、隙間を完全に封止します。硬化した後は熱水に対しても浸潤することなく水の浸入を確実に防止します。

又、「クラックシーラーPA-300」は鋳鉄や鋼との密着性が良いため、封止性はより確実になります。

隙間が細かい場合(1mm以下)には液状の「クラックシーラーPA-100」がより良い結果を出せます。
更に大きい隙間の場合には関連商品の「クラックシーラーSN600」をご使用下さい。


本品にはPRTR、毒劇物、有機溶剤等の成分は含有されておりません。
特性
・金型の合わせ面のやや大きい隙間部分の封止により、水浸入防止、バリ発生防止に役立ちます。
・無機系製品ですので耐熱性は800℃以上あり、直接アルミ溶湯と接触する部位に使用できます。
・使いやすい粘度(淡黄色ペースト)で、流動性があり隅々までしっかり充填できます。
一般性状
外観白色混濁液体
密度  15℃ g/cm32.0〜2.4
粘度3,000〜5,000 mPa/s
PH1.8〜2.4
溶解度水に易溶
製品形態
1ケース=200gポリ容器×6
ご使用上の注意
ご使用にあたって、次のことにご注意下さい。

@ 金型嵌合部分、ボルト固定合わせ部分の隙間や亀裂補修にご使用下さい。
800℃以上の耐熱性を持ち、金型に強固に固着します。金型の固定された合わせ面や亀裂面に対してご使用下さい。

*欠けた部分(米粒状)については密着し難いので使用しないで下さい。

A 処理する箇所に対して適正な製品をお選び下さい。
クラックシーラーPA-300は主として1mm〜2mmの隙間や亀裂などに対して使用いたします。

1mm以下の隙間では粘度の低い製品で液体のクラックシーラーPA-100をご使用下さい。
又、2mm以上の隙間には、関連商品のクラックシーラーSN600(高粘度ペースト状)をご使用下さい。

B 処理する箇所に油が付いていませんか?
機械油やグリースが付いたまま充填しますと、密着性が悪くなります。処理前に全型表面をバーナー等で焼き、油分を焼去してから処理して下さい。

C 使用後の硬化物の除去について
硬化物は非常に強固に金型に固着しています。除去する場合にはワイヤー回転ブラシ等を使用して除去清掃して下さい。

D 硬化処理でのご注意
本製品は、水分が含有されております。
そのため、バーナー直火を当てて急激に加熱しますと、水分が沸騰して気泡が発生し硬化物が非常に脆くなってしまいます。

・加熱の際は、出来るだけ弱火・遠火で周囲部分から5分間加熱し、水分を飛ばしてから200〜400℃に過熱をし硬化して下さい。

・硬化後は800℃以上の耐熱性を有しますので、直火や直接溶湯に接触しても強固に金型に固着し、亀裂の補修・金型合わせ面の隙間を充填補修します。

ご使用上、お気付きの点がございましたらご連絡下さい。

株式会社シフトケミカル